注目の記事 PICK UP!

短編映画『To Live』一人で撮影した自主映画

年、芸能人の自殺の報道が多く見られるようになった。

コロナ禍の影響か何か理由はわからないが、自殺に至るまでの本人しか知りえないものがあったのだろう。

To Live

 
芸能人という職業柄、今までの自分をリセットするのは確かに難しいかもしれない。

顔が知られているぶん、のんびりと旅をするのも難しい。

転職することさえ厳しいものだ。

Photo by Anthony Tran on Unsplash

 

華やかに見えて誰もが羨む立場にありながらも「死」 を選択してしまうことは、正直僕にはわからない。

 

スターの「孤独」というものがある。スターであるがゆえに、本当の自分は人に理解されない。

頂点に上り詰めれば詰めるほど、孤独感に際悩まされるのかもしれない。

Photo by Elijah O’Donnell on Unsplash

 

だけど底辺の「孤独」がどれだけシンドイのか、スターは知らないはずである。

 

人間のクズのように生きて、底辺で這いつくばって、誰にも見向きもされない僕の「孤独」に比べれば、スターは多くの人たちから愛されているのだ。

 

僕を見よ。

全世界の嫌われ者、神様にさえ嫌われている、地球上、歴史上の人類をひっくるめてのサイテーの人間のクズで底辺なのだ。

そんな僕だが、本当のところは「孤独」だなんて思ってはいない。

「孤独」というものは、一人であることではない。群衆の中にこそ「孤独」があるのだ。

僕は群衆の中でこそ孤独を感じる。

一人でいることは、むしろ快適なのだ。

人と関われば関わるほど孤独になるのだから不思議なものだ。

Photo by Adrien Olichon on Unsplash

自殺に至る過程は、その人にしかわからないものであると僕は思う。

多くの人は言う。「死ぬぐらいなら、死ぬ気で頑張れば何でも出来る」と。

残念ながら「死にたい」と思った時は、何の気力もないものだ。

死ぬ気で頑張るなんて、そんな気持ちはない。無気力になるのだから。

僕にも毎日「死のう」と考えていた時期があった。

やがてそれは自分に対して「死ね」と言葉を発するようになった。

だけども心の奥底で「負けたくない」という想いが常にあった。

僕は仮想的に、自分を死んだことにした。

もう自分の人生は終わったのだ、そう考えることにしたのである。

仮想の中で僕は自殺をして、「今から新しい人生を生きるのだ」と決めた。

Photo by Ravi Roshan on Unsplash

その時、作品を作り続けようと決めた。

僕にとっては作品を作ることが生きることだと。

僕という人間が誰の記憶からも消えて、僕という人間が誰とも関わらなくても構わない。

僕の作品だけが、人と関わってくれればそれでいいと。

自殺した僕は、それから新しい人生をスタートさせた。

自分の名前に「」という言葉を添えて。

 

『To Live』

上映時間5分57秒

関連記事

  1. 短編映画『今日子』一人で撮影した自主映画

  2. 『ガムテリアン』一人自主映画

  3. 一人でスマホで短編自主映画を40本撮った自己解説。

  4. 一人でスマホで短編自主映画を50本撮った自己解説。

  5. 短編映画『ブルーリユニオン』一人で撮影した自主映画

  6. 『ROLL BALL SOUL』自主映画

  7. 『ポンと俺のUFO奇譚』一人自主映画

  8. 短編映画『ブラックマテリアル』一人で撮影した自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP