注目の記事 PICK UP!

自主制作アニメ『地下室のサバト』一人で作ったショートフィルム

ニメ作品が続いているが、今回はアニメと実写の融合作品である。

怪しい雰囲気の作品を作りたくて『地下室のサバト』を墨と筆のモノクロ作品に仕上げた。

 

地下室のサバト

 
常日頃から抱いている占い師への疑問を取り扱ってみたが、決して占い師を批判しようとしているものではない。

批判しているのは、占い師という肩書きを背負って、悪どい商売をしている詐欺占い師への「ファックユー!」である。

世の中には迷える仔羊たちで蠢いていて、占いを頼りにして自分の行く末を知りたい人もいるし、占いによって不安からの脱却、幸せになりたい人がいるものだ。

そんな人たちの心を利用して、テキトーなことを言って商売にしている占い師が許せない。

占いは100%的中するものではない。

そりゃあ100%当たらなくても仕方ないとは思うが、「当たらなくてもいい」という状況が悪徳商売に繋がっているとも言える。

例えば5000円の料金を支払って占ってもらったところで、占い師がテキトーなことを言ってハズしたとしても、「申し訳ございません」と陳謝してくれることはない。

その時の言い訳は「占いは統計学だから」と言えば、問題ナッシングなのだ。

また占いをハズしたとしても、返金されることはない。

5000円のカネと占ってもらっていた時間が、パーである。

しかも気に入らないのは、占い師は決まって偉そうにお客さんにアドバイスをする。

挙句の果てには説教までしてくる占い師がいるから怖いものだ。

フツー、お客さんと接する時は、丁寧に親切な対応をするのが客商売というものであろう。

お客さんもお客さんである。

占い師に説教されてもクレームのひとつも付けないで、ありがたい言葉を頂いたと感謝している。

占い師を調子づかせているのは、お客さんの姿勢にも問題があるのだ。

世の中には色んな占いがある。

手相、顔相、姓名判断、血液型、干支、星座、多数ある占いの中で、一体どれをチョイスすればイイのか?

個人的にはタロット占いが気になる。

占い師の感覚でカードをきり並べるが、「それって本当に正確なの?」と思ってしまう。

「もう一度、カードきってもらえませんか?」と疑い、何度やっても同じカードが表示されたのならば「これは正確だ!」と納得出来るが。

とか言いつつ自分が占ってもらったとしたら、「え~っ、本当ですかぁ~!」と一喜一憂しながら、占いを楽しむであろう。

占い師にイチャモンをつける男が占い師と対峙する物語、『地下室のサバト』をご覧下さい。

『地下室のサバト』

上映時間7分54秒

関連記事

  1. 短編映画『KILLING EVERYBODY』一人で撮影した自主映画

  2. 『2016 申』

  3. 短編映画『Don’t look away』一人で撮影した自主映画

  4. 短編映画『DRAGONMAX』一人で撮影した自主映画

  5. 短編映画『狩人は夜に咲く』一人で撮影した自主映画

  6. 一人でスマホで短編自主映画を50本撮った自己解説。

  7. 短編映画『Horror Mirror』一人で撮影した自主映画

  8. 短編映画『イカヅチ』一人で撮影した自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP