注目の記事 PICK UP!

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ・感想。

子温監督のハリウッドデビュー作を観たのだ。

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』
奇天烈な世界観。
酷評作品は「サイコー!」か。
監督:園子温
出演:ニコラス・ケイジソフィア・ブテラビル・モーズリー

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
『冷たい熱帯魚』や『新宿スワン』シリーズなどの園子温監督が、ニコラス・ケイジを主演に迎えて描いたハリウッドデビュー作。

 

『キングスマン』のソフィア・ブテラ、『悪魔のいけにえ2』のビル・モーズリー、『きみに読む物語』などの監督のニック・カサベテスが共演。

日本から『RE:BORN リボーン』のTAK∴(坂口拓)、『愛なき森で叫べ』の中屋柚香らが参加。

2021年製作/105分/PG12/アメリカ
原題:Prisoners of the Ghostland
配給:ビターズ・エンド

 

あらすじ

 
悪名高きヒーロー(ニコラス・ケイジ)は銀行強盗にしくじり、裏社会を牛耳るガバナーに失敗を責められ、ガバナーのもとを逃げ出した女バーニス(ソフィア・ブテラ)を連れ戻すことを命じられる。

特殊なボディスーツを着用してヒーローは、東洋と西洋の文化が混じり合うゴーストランドという町に辿り着く。

定められた時間内にバーニスに関する手掛りを追うヒーローだったが・・・。

 

感想

 
公開前から楽しみにしていた作品で公開された当時は観に行く腹積もりであったのだが、SNSで酷評の嵐が巻き起こり結局観に行くことが怖くなって断念したチキン野郎です。

期待していた作品のハードルが酷評によって大幅に下がり、園子温監督のハリウッドデビュー作を見届けたい想いだけで本作を観ることに。

結論から申し上げると、「おぉっ、意外に良かったぞ」というのが感想である。

期待値が全くなくなった状態だったので、冒頭から奇天烈な世界観に「あら、素敵」と好印象を抱いた。

時代劇や西部劇、『マッドマックス』『ニューヨーク1997』を彷彿とさせ、ニコラス・ケイジがクレイジーにくだらないボケをかまして、園子温監督の真面目な悪ノリが炸裂する。

この世界観に浸っているだけで、なかなか見応えがあった。

だが肝心なテンポが悪く、折角のハチャメチャな舞台を活かしきれていない。

設定や舞台の世界観だけがぶっ飛んでいて面白く、物語や展開のテンポが爆発しきれず不発だったことが勿体ない。

もっと痛快にテンポ良く暴れ回り息つく暇もないほどのアクションで次から次へと繰り広げられるクレイジーな展開があれば、素晴らしき作品になっていた。

だが世間で騒がれたほどの酷評作品ではなかった。

予告編で観たニコラス・ケイジの「最高~!」が、サイコという名前の奴を呼んだだけの「サイコー!」であったことに宣伝部の悪意を感じたが。

次回の園子温監督のハリウッド作品は劇場に足を運んで観よう、と思ったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 最近観た映画4本。それぞれのパニック映画。

  3. 映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『ザ・フライ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『映像研には手を出すな!』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『96時間/リベンジ』ネタバレ・あらすじ・感想。今度は親子で大暴れだ!

  7. 映画『ぼくらの七日間戦争』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP