注目の記事 PICK UP!

映画『さがす』ネタバレ・あらすじ・感想。

藤二朗さんがシリアスな表情を見せたサスペンス映画『さがす』を観たのだ。

『さがす』
それぞれの視点での「さがす」。
監督の見事な手腕。
監督:片山慎三
出演:佐藤二朗伊東蒼清水尋也

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
『岬の兄妹』の片山慎三監督が佐藤二朗を主演に迎え、監督と脚本を手掛けたヒューマンサスペンス。

父親の智役を佐藤が、『湯を沸かすほどの熱い愛』『空白』の伊東蒼が娘の楓役を演じる。

『東京リベンジャーズ』の清水尋也、『全裸監督』の森田望智らが共演。

第26回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に出品。

2022年製作/123分/PG12/日本
配給:アスミック・エース

 

あらすじ

 
原田智(佐藤二朗)は、中学生の娘・楓(伊東蒼)と大阪の下町で暮らしていたが、ある日、「指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」と言う智の言葉を楓はいつもの冗談だと聞き流す。

その翌朝突然姿を消した父親の行方を捜す楓は、警察が本腰を入れて捜索してくれないことで、自分の力で父を捜して歩いて、とある日雇い現場の作業員に父の名前を見つけた。

だが、そこには全くの別人の若い男性がいた。

失意に沈む中で連続殺人犯の指名手配チラシが目に入った楓。その顔は日雇い現場で出会った、あの若い男であった。

 

感想

 
主要なキャストが少ない割にキッチリとサスペンスを描いた本作は、キャスティングもバッチリ。いつもはコミカルな佐藤二朗を情けない親父役に指名手配犯と絡んでいく緊張感漂う物語に仕上げた。

娘役の伊東蒼も良い。映画『空白』では古田新太の娘役だったが、アクの強い父親を持つ傾向にあり大変な難役を務めている。

指名手配犯の清水尋也も映画『ミスミソウ』での驚くべき名演技が本作でも光った。

素晴らしい役者陣を起用した片山慎三監督が大いにオリジナルのサスペンスを描いた作品で、それぞれの視点での「さがす」が展開されていく。

父親を「さがす」娘。指名手配犯を「さがす」父親。自殺志願者を「さがす」指名手配犯。

失踪した父親を捜すだけの物語かと思っていたら、指名手配犯と父親の複雑な事情が絡み合う切ないドラマである。

最初は300万円のカネのために指名手配犯を殺害したと思ったが、ラストの結末を観ていると殺害することにリビドーを感じている親父がいた。

カネが目的ならばSNSで自殺志願者と待ち合わせをしない。カネを手に入れ目的を果たした親父は娘と平穏に暮らしていく道があるにも関わらず、自殺志願者を「さがす」欲求が芽生えてしまったのだ。

映画としては娘に真相がバレて親父に罰が下るのは当然ではあるが、個人的には親父が懸賞金300万円を手にして表彰される複雑なハッピーエンドでも良かった。納得出来ないのは百も承知だが、ブラックユーモアが効いていて笑える結末である。ロバート・デ・ニーロ主演の映画『タクシードライバー』では、犯罪者のはずの主人公がラストに何故かヒーローになった。デ・ニーロが捕まってしまっては名作には成り得ない。

オープニングで佐藤二朗がクラシック曲のフランツ・リスト『愛の夢』が流れる中でハンマーを何度も振りかざすシーンが最高に良い。

本作が商業デビュー作だが、ポン・ジュノ監督の助監督として下積みを経た片山慎三監督の手腕は凄かった、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ヒトラーVSピカソ 奪われた名画のゆくえ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『刑事物語』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. TVアニメ『夢魔子』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『SCORE[スコア] 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『ぼくらの七日間戦争』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 『レディ・プレイヤー1』『大脱出2』を観たのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP