注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。タランティーノばかり。

ランティーノ作品が多い。

前回観た『パルプ・フィクション』の面白さが、観終わってからじわじわとやって来る。

それは観ている時に気にならなかったことが、観終わってからパズルのピースを埋めるように色々と見えてくるからだ。

日数が経つごとに、じわじわと面白さがこみ上げて来る。

ってか恥ずかしながら、タランティーノ作品をまともに観たことがなかった。

20年近くほとんど映画を観てなかったので、今はその分を取り返してる。

どんどん観ていこう。

 

金メダル男
アイデアは面白いけど、
エピソードの一つ一つが雑。

監督:内村光良
出演:内村光良, 知念侑李, 木村多江,ムロツヨシ, 土屋太鳳

Amazon

Amazon Prime Video

今や本当にちゃんとお笑いをやっているのはウッチャンだけなのかもしれない。

そこは好感が持てる。

かつてお笑い一筋だった松本人志は職人気質で渋い顔をしながら(勝新太郎や立川談志のように)、コントや映画を作っていく人だと僕は勝手に思い込んでいた。

しかしワイドショーのコメンテンターとしてまともな事を言い、飲み歩き番組でボケているのは役者さんやゲストで、昔の人殺しのような険しい顔つきはなく、ただのファミリーパパになってしまった。

ウッチャンは今でもコントを作り、映画を作り、後輩芸人を可愛がり、その姿勢にとても好感が持てる。

『金メダル男』はアイデアは面白いが、エピソードの一つ一つがあまりにも弱い。

だから感情移入出来ない。

学生時代に初めて出来た友達と大人になってから再会したところで全然感動しない。

だってエピソードが弱いから。

主人公であるウッチャンが学生時代に土屋太鳳に惚れていて、その後の土屋太鳳のことを再会した友達に聞かされるのだが、「はぁ?」その話いるかぁ??と思った。

全然胸が締め付けられへん。

だってエピソードが弱いから。

描き方が全て弱い。だから後半に活きるものも活きない。

再会した学生時代の友達が、土屋太鳳と結婚したとかいうエピソードだったら、まだ言う価値はあるが。

『フォレストガンプ』的に色んなモノを詰め込んでいたが、全てのエピソードが弱く、全てがコント的に描かれていて感動出来ない。

感動はおろか笑えない。

一つ一つのエピソードを丁寧に描き、コント的ではなくドラマを描いた方が笑いも感動も生まれたと思う。

しかし、学生時代を演じた知念侑李は良かったし、「面白いものを作ろう!」というウッチャンの顔が見えてくるの好感も持てたし、始終飽きないで見れたのは間違いない。

 

フロム・ダスク・ティル・ドーン
クソ面白すぎ!!
内容知らないで見たらビックリ。

監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ジョージ・クルーニー,クエンティン・タランティーノ,ハーベイ・カイテル

Amazon

Amazon Prime Video

内容を全然知らないで観てたけど、前半の展開も面白かった。

そのままどう展開していくのかと思ったら、突然以外な展開へと転がってバカバカし過ぎて面白い。

それにしてもジョージ・クルーニーがカッコイイ。

悪役だけど何故か応援しちゃう。

敵に回すと厄介だけど味方になってくれると頼りになる。

ハチャメチャ感が面白く。この作品はかなり好き。

 

キル・ビル Vol.1
好きなモノを詰め込んだ、
何でもありの見事なる復讐劇!!

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン、ルーシー・リュー、ヴィヴィカ・A・フォックス、マイケル・マドセン

Amazon

よくぞ、ここまで自分の好きなモノを詰め込んだなというのがかえって気持ちがいい。

ガンアクションあり、チャンバラあり、カンフーあり、自分の好きな役者さんを沢山出演させて、好きな役者さんで思いきり暴れ回ってもらう。

タランティーノ自身のための映画だけど、しっかりと観ている人を楽しませてくれる。

日本人も沢山出演していて、チャンバラでバッサバッサ斬っていくシーンは痛快!

 

キル・ビル Vol.2
世界観は1の方が好きだったが、
1とは違う復讐の見せ方は面白い!

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン、デヴィッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ

Amazon

映画の世界観は1の方が好き。

ブルース・リーのスーツで日本刀を持って、日本のヤクザと戦うシーンはカッコ良かった。

2では、かなりピンチな窮地にも追い込まれるし、「んな、アほな!」みたいなシーンもある。

悪役にも悪役の事情があり、悪役の人間ドラマがある。

それは1でも描かれているんだけど、ぶっちゃけ個人的にはそんな事はどうでもいい。

悪役はとことん悪役の方がやっつけた時の気持ち良さがあるし、そのドラマを描くことでこの映画がどんどん長くなる。

ただでさえタランティーノの映画は長くてフツーは描かないような会話やドラマを長々と描くわけで、それが1と2で見せちゃうから、観ている方としてはもっとギュッと短く出来るだろうと思ってしまう。

観終わると、その長さは必要だったのだと思わせるチカラと、最後まで楽しませるエンターテイメント作品になっているから仕方ない。

ってか『キル・ビル』はおろか、今までタランティーノ作品を全然観ていなかった自分に驚いている。

多分、長いから観るの控えていただんだろう。

今更だけどタランティーノ面白い。

かなり好きになったので、続けて他の作品も観ていく。

関連記事

  1. 映画『ヴェノム』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『鉄男 THE BULLET MAN』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。『リメンバー・ミー』『リバーズ・エッジ』他

  4. 映画『としまえん』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『ROKUROKU』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『ハロウィン(1978)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『ベイビー・ドライバー 』『ドリーム』他

  8. 映画『愚行録』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP