注目の記事 PICK UP!

『いきものたちのせかい』鬼才・松本亮平

の作品は面白い。

静と動。

静けさの中に、いきものたちのエネルギーが躍動している。画家の松本亮平さんのサイン画集が先日、届いた。


ページを開くたびにいきものたちの鼓動が聞こえる。

FullSizeRender (99)

一枚の絵は黙ったまんまそこに存在するけれど、何かの言葉を発するような生命のパワーを感じる。

風の音や草木の音、いきものたちの鳴き声、足音、それが不規則な音楽会のように狂騒しながらも、耳を澄ませばひとつの美しい旋律に乗っている。

FullSizeRender (97)

一枚の絵からは何も聴こえないんだけど、何かが聴こえるような気がするのだ。絵から感じる音をイメージしながら、画集を見てみるのもいい。またクラシックなのか、音楽を聴きながら見るのも楽しいと思う。

彼の作品には、いきものたちの「群れ」が描かれているが、またその表情ひとつひとつを見るのも楽しい。

FullSizeRender (96)

絵を見るたびに何か発見があるんじゃないかな。

絵を描く時に、頭の中でどこまでイメージが固まってるのか気になりますね。描きながらも発想がどんどん出ているのかな。

このいきものたちのリアルが面白い。マンガチックじゃこんな風には表現出来ないから。

まだまだ松本亮平さんも若いし、今後もどんどん作品を描いて欲しいし、もっともっと世に出ると僕は確信しています。

これからもご活躍を楽しみにしています。画集、ありがとうございました。

FullSizeRender (98)

松本亮平さんのブログ

 

松本亮平さんのFBページ

リアルと想像の融合『画家・松本亮平』

 

関連記事

  1. キングコング西野亮廣がスゴイ

  2. 『Discover Japan』キングコング西野亮廣論

  3. キングコング西野さん『イラストノート』

  4. 美しすぎる小松美羽の画集、キター!!

  5. 偉大なるジミー大西という画家

  6. なぜ、葛飾北斎はエモいのか?

  7. 僕の宝物『松家幸治先生サイン本』

  8. リアルと想像の融合『画家・松本亮平』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP