注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。全ての映画ジャンルの頂点はカンフー映画。

んなジャンルの映画があって、数多くのモノに感動を受けてきたが、結局はそのジャンルの中で頂点はカンフー映画ではないだろうか。

ブルース・リーが跳び蹴りをして、ジャッキー・チェンが飛び降りて、そのシーンひとつはどんな言語よりも、どんな名演技よりも、僕達を感動させてくれるのではないか。例えば、「愛してる」の言葉なんかよりも、相手をぶん殴った拳の方が、僕達の心を熱くするものだ。

今回、日本の『ブシドーマン』を観て、うぅカンフー映画撮りたい!と思った。大の大人が夢中になってカンフー映画を撮れたら、そんな幸せなことはない。

『ライジング・ドラゴン』
ジャッキー・チェンが
カンフーしてくれるだけでイイ。

監督:ジャッキー・チェン
出演:ジャッキー・チェン, クォン・サンウ,ジャン・ランシン, ヤオ・シントン

還暦過ぎてもいまだにアクションをしてくれて、そんなジャッキー・チェンのカンフーシーンを見られるだけでありがたい。

オープニングのカラダに車輪が付いて道路をうつ伏せになりながら、疾走していくシーンはスゴかった。

カンフーも面白い。

全盛期のジャッキー・チェンの映画と比較してしまうのはナンセンスかもしれないが、どうしても『プロジェクトA』や『スパルタンX』、『五福星』などの頃に受けた感動にはかなわない。

でもやっぱりジャッキー・チェンは好きで、カンフーをしてくれるだけで嬉しいのだ。

『JUDGE/ジャッジ』
アイデア(素材)はイイが、
活かしきれず、もったいない。

監督:古波津陽
出演:瀬戸康史, 有村架純,田中壮太郎, 平良和義

アイデアはイイ!と思ったら原作のコミックがあるのね。原作読んでないので映画だけで判断させていただきます。

キリスト教の七つの大罪っていうモノをモチーフにして作られていて、アイデアはスゴくイイと思った。

出演者は7人だけで済むし、密室だから予算が全然かからないで、面白い題材を扱える。

だけどね、キャスティングがダメ。

ネタバレしちゃうけど、上の画像のパッケージあるよね。なんで、3人だけ顔出してんの??最後に残るメインの3人やからやん!!!

バカじゃないの?あー、この3人が最後まで残るのね、って、もう説明しちゃってる。しかも、それってキャスティングでバレてるわけ。

真ん中にいるイケメンと有村架純は絶対残るやん!!!

アカンやん!キャスティングでバレバレやん!!

他のヤツら、いかにもスグに死にそうやもん!!!

アホやん!こういう題材って、意外性がなきゃいけない。観ている人の推理と作り手が裏をかいていく戦い。それが、観ている人の一番ベタな予想通りに進んでいく。

出演者が密室でギャーギャー騒いでいるだけ。いや、観ている方はめっちゃ冷静やで。だって意外性がないもん。

で、この映画は一番やってはいけない事をやるわけ。この映画って、要はラストが一番大切なの。ラスト、どうなるのか???ってところが、一番の見せ場であり、観ている人が期待しているとこなの。だから、絶対に白黒ハッキリ見せなきゃダメ。それを、この映画はラストをぼかしちゃうんだよね。一番やってはいけないことをやるの。最低。何のために観てたの??バカにすんなよ。よっぽど、この映画の作り手の方が大罪だぜ。全てが悪いわけじゃない。時間も一時間ちょい位だし。珍しいことをやろうとした心意気はイイ。本当にもったいない。

『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』
『秘密結社鷹の爪』ファンでなければ
映画化としては残念なのだ。

監督:FROGMAN
出演:FROGMAN, 瀧本美織,濱田岳, 秋本帆華, 上島竜兵

面白いっちゃあ面白い。つまんなくはない。でもわざわざ映画にするようなモノではない。昔のバカボンのテレビアニメの面白さには、全然勝ててない。

低予算で簡単に作った感があって、同じようなモノで『ピーピングライフ』のアニメって、すごい面白いけど、あれは短編だからイイ。長編アニメ映画として、見せるのはちょっと違うかな。

人物をあまり動かさないで、声優の言葉遊びが面白かったりするから、アニメの描き込みは少なくていい。でもその手法は映画では物足りない。

『秘密結社鷹の爪』ファンは楽しめたかな?そうでなければ残念。

『BUSHIDO MAN ブシドーマン』
バカバカしく大真面目に
撮ってくれて面白かったぜ。

監督:辻本貴則
出演:虎牙光揮, 山口義行, 水野美紀

『ブシドーマン』面白かったなぁ。

アマゾンのレビューで評価悪いのを見たけど、こいつらとは話が合わん。

映画は個人の好みだから、誰が何を好きで誰が何を嫌いかなんて、どっちでもイイんだけど、『ブシドーマン』を嫌いなヤツとは、趣味が合わないし話も合わないだろうし何もかも合わないだろうから、同じ空気を吸いたくない。

戦いの場のロケ地選びのセンスも最高にカッコイイ。オープニングのどでかい仏の石像の前で戦うのもカッコ良かった。

棒術での戦いも良かったけど、中盤ちょっとそのテンションが持続できなかったかな。

いろんな敵と戦うのは、ブルース・リーの『死亡遊戯』もそう。ブルース・リー映画は、抜群の格好良さと、抜群のカンフーシーンで終始見てる側のテンションが持続できるけども、その点でいえば、テンションが続かなかった。

でも、『ブシドーマン』は面白い。

カンフー映画って作る側も絶対楽しいと思う。スゴイ良かった。


関連記事

  1. 最近観た映画4本。塚本晋也監督『野火』必見。

  2. 『レディ・プレイヤー1』『大脱出2』を観たのだ。

  3. 最近観た映画4本。『スティーブ・ジョブズ』、『漫才ギャング』他

  4. 最近観た映画4本。『誰も知らない』『十三人の刺客』他

  5. 『運び屋』『十二人の死にたい子どもたち』を観たのだ。

  6. 最近観た映画4本。『ダークマン2』のVHSを買ったのだ。

  7. 新海誠監督『天気の子』を観てきたのだ。*ネタバレ注意

  8. 『デビルマン crybaby』全10話を観たのだ。

コメント

  1. Extremely insightful, look ahead to visiting again. http://whipgemini52.mybjjblog.com/top-10-iphone-apps-to-gear-out-of-one-s-investment-2708372

      • 新横山祐樹
      • 2017年 5月 06日

      Thankyou!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP