注目の記事 PICK UP!

<ジブリ美術館>「毛虫のボロ」3月公開(NEWS記事)

崎駿監督(77)の短編アニメーション映画「毛虫のボロ」を3月21日から三鷹の森ジブリ美術館で限定で公開すると発表しました。

宮崎駿監督にとって、2013年公開の「風立ちぬ」以降の初めて手掛けた映像作品であり、原作・脚本とも宮崎監督で、上映時間は14分20秒の短編作品。

草むらのなかで夜明け前に卵からかえった毛虫のボロが、毛虫の仲間や外敵が行き来する世界へ踏み出す物語。

入場は日時指定の予約制。

3月入場分のチケットは2月10日から全国のローソンで発売。問い合わせは「ごあんないダイヤル」(0570・055777)

「風立ちぬ」での引退宣言から引退を撤回して、また長編映画を撮るという宮崎駿監督。

77歳にして創作意欲が湧き出てくる事は、その姿勢にとても共感できます。

ここまで成功した人ですから、隠居という選択をすることもわかりますが、そんなつまらない選択肢はないですね。

現在は、新作長編「君たちはどう生きるか」の制作に入っていますが、まさに創ることが生きることだと僕は思っています。

関連記事

  1. ガキ使「黒塗りメイク」騒動。『笑いと差別と表現』(NEWS記事)

  2. 2020年(第43回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  3. スタローン「クリード チャンプを継ぐ男」続編の監督降板(NEWS記事)

  4. 2020年(第92回)アカデミー賞全受賞結果!(NEWS記事)

  5. 第41回日本アカデミー賞、受賞作品発表(NEWS記事)

  6. 2017年の日本公開映画「美女と野獣」が興行収入トップ(NEWS記事)

  7. 楳図かずお、フランスの漫画賞「遺産賞」受賞(NEWS記事)

  8. 『ハッピー・デス・デイ』監督最新作、『Freaky(原題)』米国版予告編公開!(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP