注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。『ジョジョの奇妙な冒険』『ミッドナイト・ラン』他

くも3月が終わる。

この冬は、肌が乾燥してキツかった。人生最大に乾燥して、ミイラになるかと思った。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
悪く言いたくないが、
テンポが超絶に悪い。

監督:三池崇史
出演:山﨑賢人, 神木隆之介, 小松菜奈,岡田将生, 新田真剣佑

 

Amazonで探す

 

Amazon Prime Video で観る

ジョジョの漫画は好きで、第1部から読んで第7部の『スティール・ボール・ラン』の途中まで読んでたと思う。

だから実写化する話を知った時は、興味津々だったが、主演が山﨑賢人だと知って、もうガッカリした。

東方仗助といえば、こんなイカツイ顔。

それが、こうなるわけだから。

顔の輪郭は違うし体格も違う。山﨑賢人は不良には見えず、育ちのいい坊ちゃんにしか見えない。山﨑賢人に罪はない。キャスティングしたヤツが悪いのだ。

いや残念ながら、現在の日本の役者で東方仗助にキャスティングされて、バッチリなヤツはいない。

二十年前なら長瀬智也かな。キャスティングするのも、苦肉の策だったのだろう。

ジョジョを実写化すれば、大ヒットして儲ける事が出来るという誘惑に駆られて「第一章」と題して、オープニングからデカデカと謳っていたが残念ながらヒットはしなかった。それでもこの映画を、意地悪な視点で何でもかんでも悪く言う気持ちはない。キャスティングに目を瞑っても、映画が面白ければそれで良しとしよう。

後半のテンポが、嫌がらせかなぁと思うぐらい悪かった。

前半はまだ良かったんじゃないかな。後半は、キツかった。

戦闘も、泣けもしない感動シーンも超絶なテンポの悪さに、空条承太郎に時間を止められたかと思ったぜ。

 

ジョジョの漫画というのは、読んでいてスゲー、ハラハラするわけ。スピード感ある展開に、一瞬一瞬のキャラクター達の思考と判断と行動に、読みながら大興奮するわけだ。映画は、見事なまでのスローモーション展開。テンポが悪すぎて、ドキドキハラハラ感は皆無で、寝落ちを何度もしてしまうレベル。せめてサービスでジョジョ立ちぐらいすればイイのにね。

ジョジョ立ちもねーし、良かったのはスタンドのCGぐらいかな。

CGは良かった。

映画も全然、解決してなくて中途半端な物語で「第二章」に続く感じで終わってるから、この先この映画、一体どうなってしまうんだろう??

『ミッドナイト・ラン
見事な脚本!
デ・ニーロ、カッコ良かったぜ!

監督:マーティン・ブレスト
出演:ロバート・デ・ニーロ,チャールズ・グローディン

Amazonで探す

 

Amazon Prime Video で観る

見事な脚本。賞金稼ぎが、賞金首の会計士を裁判までにニューヨークからロスまで連れ戻すというだけの物語。それだけの物語のはずが、見事な脚本であらゆる展開を見せていく。

ニューヨークからロスまで、飛行機で5時間のフライトで済むはずが、この二人が喧嘩したり友情が芽生えたり、他の賞金稼ぎと奪い合ったり、FBIやギャングに追われもうメチャクチャな展開に。

次から次へと起こる展開心を通わせる見事な脚本に脱帽。

デ・ニーロもカッコ良かった!

『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』
イイ映画ではあると思うが、
ただの迷惑なガンコジジイの話。
監督:マーティン・ブレスト
出演:アル・パチーノ, クリス・オドネル,ガブリエル・アンウォー

 

Amazonで探す 

Amazon Prime Video で観る

盲人の役を演じるアル・パチーノは、口が悪くて、ガンコで、元軍人だが、実は、・・・心優しい人。学生がバイトで、アル・パチーノのお世話をする事になり、ニューヨークへと二人で旅行する。

この旅行を通して、二人が心を通わせていく事になる感動ストーリーだが、ただの迷惑なジジイやん!という疑問も拭えない。

ガンコな人が、本当は心優しい人。そこに元軍人というドラマと、盲目という要素を合わせた。この盲目というところが厄介で、
もしも目が見えている設定だとしたら、日常に関わり合いたくない人物だ。例え、本当は心優しい人であってもだ。しかしながら、アル・パチーノの壮絶な演技力は、それらを超越した迫力と繊細さがあった。

迷惑なクソジジイもアル・パチーノの演技力で、すこぶるイイ映画になる。

『ウォーターワールド
マッドマックス2の海上版。
敵役が頭悪すぎる。

監督:ケビン・レイノルズ
出演:ケビン・コスナー, デニス・ホッパー,ジーン・トリプルホーン, ティナ・マジョリーノ

 

Amazonで探す

 

Amazon Prime Video で観る

世界観はマッドマックス2を海の上にしただけのもの。

 

ケビン・コスナーの役柄と演技も、メル・ギブソンそのもの。

敵役は皆、頭が悪すぎて、コメディーと紙一重。

それでもスケールは大きかった。

ケビン・コスナーを魚人間にした設定ってどんな意味があったのか?よくわからなかった。

関連記事

  1. 『愛なき森で叫べ』『ランペイジ 巨獣大乱闘』を観たのだ。

  2. 映画『真実』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 『万引き家族』を観てきたのだ!*ネタバレ注意

  4. 最近観た映画4本。アクションもの、てんこ盛り。

  5. 映画『パラサイト 半地下の家族』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』レオ様の変貌に拍手。

  7. 映画『 ジョン・ウィック:パラベラム』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。塚本晋也監督『野火』必見。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP