注目の記事 PICK UP!

映画『ミスト』ネタバレ・あらすじ・感想。

『ミスト』を観た。

『ミスト』
素晴らしき胸糞映画。
エイリアンを通した人間模様が描かれている。
監督:フランク・ダラボン
出演:トーマス・ジェーンマーシャ・ゲイ・ハーデンローリー・ホールデン
 

 

解説

 
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが映像化不可能と言われていたキングの傑作中篇「霧」に挑んだ描くパニック・ミステリー。

『パニッシャー』のトーマス・ジェーンが、混乱する人々をまとめようとする主人公を演じる。

2007年製作/125分/アメリカ
原題:The Mist
配給:ブロードメディア・スタジオ

あらすじ

 
ガラス窓を破るほどの嵐の翌日にスーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)であったが、軍人やパトカーが慌ただしく街を往来して、あっという間に店の外は濃い霧に覆われていた。

設備点検のために外に出た店員のジム(ウィリアム・サドラー)が不気味な物体に襲われてしまい、店内の人々は次第に理性を失いはじめる。

 

感想

 
全然内容を知らないで観ていたから、エイリアンが出てくる映画だとは思わなかった。

「おお、面白いやん」と観続けていくと、変な宗教かぶれの女性がウザくてイラついてくる。

「何なの?コイツ」

ってか頭のイカれた嫌われ者のはずなのに、こんなヤツに周囲のヤツらは何で洗脳されるの?

得体の知れない怪物に襲われることによって、密閉空間の中で心身ともに疲弊した極限状態に陥った時、狂って暴走していく集団心理を描いた事は非常に面白い視点ではあるが。

罪なき一人の青年を、人間たちが追い詰めてエイリアンの餌食にさせる。

窮地に立たされた時に、「人の本性」が出る。

皆と協力し合う者、自ら勇敢に立ち向かう者、頭がイカレてしまう者、人を攻撃する者。自分の心に余裕がなくなってきた時に、人はどんな思想を抱き、どんな言葉を吐き、どんな行動に出るのか。

得体の知れない正体不明の恐ろしいエイリアンを登場させることによって、実は描きたかったのはパニックに陥った不可解な人間模様なのかもしれない。

さてさて『ミスト』の最大の見どころは、その衝撃的なラストだ。

観る者を落胆させて、観る者へトラウマを与える忘れられないラストである。

正直、めちゃくちゃ胸糞が悪かった。しかし、その胸糞の果てに、素晴らしさを感じていた。

現実世界では、物事はそんなに都合よく思い通りにはいかない。

だが映画の中では、何もかもが都合よく展開されていく。

この『ミスト』は主人公の都合なんてお構いなしであった。

そして、観る者への都合なんてのもお構いなしなのである。

『ミスト』は、素晴らしき胸糞映画なのだ。

この映画を観たことによって、心の中にモヤモヤ~ッと深い霧(ミスト)がかかったことは言うまでもない、ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『マングラー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『お葬式』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『花とアリス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『守護教師 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 『蠱毒 ミートボールマシン』血沸き肉躍る純愛映画!!

  6. 映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。面白いんだけど、もどかしい。

  8. ドラマ『奪い愛、高校教師』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP