注目の記事 PICK UP!

短編映画『ドラゴンマックス』一人で撮影した自主映画

はり憧れである。鳥山明先生の『ドラゴンボール』を思いきりパクッてみた。オマージュやらインスパイアなど色々と表現はあるが、パクッたのだ。

タイトルは『DRAGONMAX』。

DRAGONMAX

 
最近、映画のタイトルを付ける時に思うことがある。それは「わかりやすいモノにしよう」ということだ。

映画のタイトルを凝ってみたところで誰も覚えない。作者のエゴなのだ。カッコつけたって「記憶に残らない」のである。

単純明快でわかりやすいタイトルの方が覚えやすい。

クローネンバーグ監督の『ザ・フライ』を『フライなんちゃら・・・』と、横文字を羅列したとして覚えづらいのだ。

特にYouTubeで公開する映画であるから、わかりやすいモノがいい。

一瞬で『ドラゴンボール』をパクッたなと思わせるビジュアルにしてしまえばイイのだ。

「おい、お前パクリは良くないぞ!恥ずかしくないのか!」という声が聴こえてきそうではある。

しかし映画作品では非常にパクりが横行しているものだ。

オマージュという言葉でお茶を濁して平気な顔をして「パクリではない」と主張する方が恥ずかしいものである。

かの有名な『IT』。

日本では『それ』になる。

今回『ドラゴンマックス』は人物シーンは全てグリーンバックでの撮影をした。

グリーンバックで撮影をした後に、背景シーンを撮影する。しかし連日の雨で撮影がなかなか出来ずにいたが「撮影をしよう」と決めていた日が奇跡的に数日ぶりに晴れる。

だがロケ地に向かった先に思いっきり雨雲が・・・。ロケ地にしようと思っていた場所は、・・・雨。そこから数キロ走ると、何故か晴れ。結局、そこで撮影をすることにした。

撮影をする時はプチアクシデントが起こるものだから、全て「想定内」と決めておく。無理にあらがって強行で撮影をしたとしても、気持ちが乱れて上手くいかないものである。

プチアクシデントが起きた時は、素早く違う方法を探すのだ。

違う方法で撮影した結果、「あ、こっちの方が良かったな」と結果オーライになることが多い。

僕はその現象を「開かないドアは無理して開けようとしない」と思っている。

カギのかかったドアを無理矢理に開けようとしても無駄なのだ。別のドアを探せば、すんなり開くのである。

これは、あらゆることに共通しているのかもしれない。

「開かないドアを無理して開けようとしても開かない」。必死こいて開けようとするのではなくて、別の「開く」ドアを探す。

さて『ドラゴンマックス』、ご覧ください。

『ドラゴンマックス』

上映時間3分56秒

 

関連記事

  1. 自主制作アニメ『地獄みたいな恋をした』一人で作ったショートフィルム

  2. 『2017 酉』

  3. ショートフィルム『鉄平 Go To 長野』一人で撮影したロードムービー

  4. 短編映画『殺人ドライブ』一人で撮影した自主映画

  5. 一人でスマホで短編自主映画を20本撮った自己解説。

  6. 『メリー ZOO ランド』

  7. 『自画ゾーン』

  8. 『スリリングRUN』一人自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP