注目の記事 PICK UP!

2022年(第94回)アカデミー賞全受賞結果!(NEWS記事)

94回アカデミー賞アカデミー賞授賞式が、日本時間の2022年3月28日(月)に開催。

第94回アカデミー賞全受賞結果

 

作品賞

 
『コーダ あいのうた』

 

主演男優賞

 
ウィル・スミス『ドリームプラン』

 

主演女優賞

 
ジェシカ・チャステイン『タミーフェイの瞳』

 

助演男優賞

 
トロイ・コッツァー『コーダ あいのうた』

 

助演女優賞

 
アリアナ・デボーズ『ウエスト・サイド・ストーリー』

 

監督賞

 
ジェーン・カンピオン『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

 

脚本賞

 
ケネス・ブラナー『ベルファスト』

 

脚色賞

 
シアン・へダー『コーダ あいのうた』

 

撮影賞

 
グレイグ・フレイザー『DUNE デューン 砂の惑星』

 

美術賞

 
『DUNE デューン 砂の惑星』

 

音響賞

 
『DUNE デューン 砂の惑星』

 

編集賞

 
『DUNE デューン 砂の惑星』ジョー・ウォーカー

 

視覚効果賞

 
『DUNE デューン 砂の惑星』

 

作曲賞

 
『DUNE デューン 砂の惑星』ハンス・ジマー

 

主題歌賞

 
“No Time To Die”『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』

 

衣装デザイン賞

 
『クルエラ』

 

メイキャップ&ヘアスタイリング賞

 
『タミー・フェイの瞳』

 

国際長編映画賞

 
『ドライブ・マイ・カー(日本)』

 

短編実写映画賞

 
『The Long Goodbye(原題)』

 

長編ドキュメンタリー賞

 
『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』

 

短編ドキュメンタリー賞

 
『The Queen of Basketball(原題)』

 

長編アニメ映画賞

 
『ミラベルと魔法だらけの家』

 

短編アニメーション賞

 
『The Windshield Wiper(原題)』

 

NEWSについてのコメント

 
今回のアカデミー賞授賞式の注目は日本人として、やはり日本の『ドライブ・マイ・カー』だったが、個人的には特に思い入れもなく興奮には至らない。

『ドライブ・マイ・カー』は『おくりびと』以来13年ぶりに国際長編映画賞を受賞した日本の作品ということで快挙を果たした。

日本人が世界で活躍する現象はイイことで、素直に喜ばしいことだ。

作品賞は『コーダ あいのうた』。アップルTVが配給権を得て配信した作品で、配信作品がアカデミー賞の作品賞を得るのは初めてだとか。

聴覚障害を持った家族の中でたった一人の健常者である少女が「歌うこと」で、世界の色を塗り替えるという物語らしいが、この作品も興味が持てない。感動させようとするニオイがプンプン漂う映画は苦手。特に障害や難病をテーマにした感動作品は観る気がしない。

結局、昨年の『ノマドランド』も観る気が起こらず未だ観ていない。

今回のアカデミー賞授賞式で話題になったのは、ウィル・スミスがプレゼンターのコメディアン・クリス・ロックににビンタをしたハプニングだ。妻を侮辱されたウィル・スミスがブチ切れたらしいが、ロックにしてみればジョークだったので驚いただろう。

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』と『 DUNE デューン 砂の惑星』は、観ておこうと思う。

関連記事

  1. 4月6日公開映画「クソ野郎と美しき世界」あらすじ発表(NEWS記事)

  2. 2017年の日本公開映画「美女と野獣」が興行収入トップ(NEWS記事)

  3. 米ネットフリックス、時価総額1000億ドル突破(NEWS記事)

  4. 2021年(第44回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  5. 第75回ゴールデングローブ賞結果発表!(NEWS記事)

  6. 2020年(第43回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  7. 撮影終了「一茶」公開未定 お蔵入りの訳(NEWS記事)

  8. バンクシーなら落書きも合法?東京都の矛盾対応(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP