注目の記事 PICK UP!

映画『回路』ネタバレ・あらすじ・感想。

沢清監督の『回路』を観たのだ。

『回路』
物語が飛躍し過ぎて意味不明。
中盤までの心霊現象は良かった。
監督:黒沢清
出演:加藤晴彦麻生久美子小雪

Amazon

Amazon Prime Video

 

解説

 
インターネットの世界を舞台に巻き起こる恐怖を、黒沢清監督が描いたサスペンス・ホラー。

 
カンヌ国際批評家連盟賞受賞。

2001年製作/118分/日本
配給:東宝

 

あらすじ

 
園芸店で働くミチ(麻生久美子)は無断欠勤した同僚の男性の家を訪ねるが、ミチが目を離した一瞬の隙に首を吊って自殺。勤め先の社長は失踪。友達が、家族が次々と姿を消していく。

一方、大学生の亮介(加藤晴彦)はインターネットを介して奇妙なサイトに辿り着き、情報処理センターで知り合った女子学生の春江(小雪)に相談を持ち掛けるが、それは世界中をも巻き込んでいく・・・。

 

感想

 
中田秀夫監督の『リング』が1998年の映画で、本作が2001年。呪いのビデオでテレビから出て来る幽霊からネットを通して現れる幽霊へと表現を変え(制作者が意識したかは知らないが)、テクノロジーの進化と共に幽霊の出現方法も変わってくる。心霊現象と電気系統は何かしら関わり合いが強く、撮影現場ではカメラや照明等が動かなくなる等の心霊現象はよく聞く話だ。

本作は「回路」を使って巻き起こる心霊現象を期待して観ていたが、中盤辺りから「どーいうこっちゃ?」に展開が変化していった。

同僚が首を吊ったり、誰かが飛び降りたり、拳銃自殺したり、それまでは奇妙な雰囲気と共に深まる謎の死に興味が湧く展開だったが、加藤晴彦と小雪が電車に揺られ、停止した電車から小雪が失踪した辺りから意味不明になってしまったのである。

確かにインターネット回線は世界中を張り巡っているので、世界中が「回路」で繋がり「回路」によって混乱するのは分かる。しかし物語の規模が飛躍し過ぎて人類滅亡みたいな終末を迎える展開になるとは予想だにしない。もっと狭い世界での心霊現象でイイのだ。

加藤晴彦が小雪演じる女性を「春江さん」と呼んでいたのに急に「春江」と呼び捨てにしていたり、何処から出現したのか不明な拳銃や、廃墟の建物で「中にガソリンあったよ」(何であるねん!)とガソリンを汲みに行ったり、何である場所知ってんねん的なモーターボートの鍵を見つけて航海に出たり、意味不明過ぎやろ。

もしかしてインターネットの世界での「仮想現実」を描いているってことなのか?同じく黒沢清監督の『リアル~完全なる首長竜の日~』もぶっ飛んだ映画だったと思い出す。

とにかく中盤までは興味をそそる心霊映画だったが、それ以降は意味不明過ぎて呆然であった、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『三大怪獣 地球最大の決戦』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. Netflix映画『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。『ゆきゆきて、神軍』『カリートの道』他

  5. 映画『スーサイド・スクワッド』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『猟奇的な彼女』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。『亜人』『アトミック・ブロンド』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP