注目の記事 PICK UP!

偉大なるジミー大西という画家

ミー大西といえばお笑い芸人として活躍していて、テレビ番組で絵を描いたことから画家に転身した、才能あふれる僕の大好きな画家のひとりだ。

芸人としてもめちゃんこ面白くて、年末での「笑ってはいけない」に出た時は、ジミーちゃんのシーンは腹を抱えて笑ってしまう。登場するだけで僕は、笑いを堪えるのに必死な芸人だ。

そして画家としても脅威の才能があり、僕はジミー大西の作品が好きだ。原色のまんま色鮮やかに塗られた絵は、ぐんぐんとこちらに迫ってくるかのようだ。赤・青・緑・黄、縦横無尽に描き殴る。何よりも純粋だ。いやらしい計算がない。僕の中の少年の心がワクワクしてしまうのだ。

あの岡本太郎先生にも見初められた絵だ。

ジミー大西の画集を見ていると心地いいのだ。そして自分はこんな純粋な絵が描きたいと思う。しかしまた頭の中で計算してしまう。子供のように純粋無垢ではなかなか描けない。どこか頭の片隅で他者の目を気にしてしまっているのだ。

無限の宇宙のように発想が広がった絵は、楽しく面白く、果てしなく想像力を広げてくれる。

子供が描いた絵が伸び伸びと自由でいちばん面白いように、人は大人になっていくにつれてどんどんとつまらなくなってくる。周囲に合わせる。先生に褒められたいと思う。これしちゃダメ、あれしちゃダメと無限の可能性を否定され続ける。

ジミー大西の絵は純粋で自由だ。彼は少年の心のまま作品を描く。だから魅力的なのだ。人の心を虜にする。笑いでもアートでも、瞬間的に人の心を虜にすることがすごいのだ。

きれいに描こうなどと打算的な絵はつまらない。絵の上手いヤツは腐るほどいる。しかし人の心を打つ作品はほとんどない。何故なら絵は上手いヘタではないからだ。人の心を打つかどうか、それだけだ。

『まっ白 ジミー大西 画集』

Amazonで探す

内容紹介

絵描きジミー大西の画集。
「キャンバスからはみだせ」敬愛する岡本太郎からのメッセージの意味を追って世界を放浪、体現した93点を掲載。子ども時代の挿話・作品コメントから明らかになる画家・ジミー大西の誕生と創作の秘密。

内容

おそるべき前衛の第一決算報告、初めての画集。それぞれの作品に題名と作者の作品コメントがついている。

著者について

ジミー大西
1964年1月1日大阪府生まれ 本名 大西秀明。タレントとして人気を集めるが、テレビ番組で描いた絵をきっかけに創作活動を始め、1996年芸能界を引退し画業に専念。鮮やかな色彩と独創的な構図が魅力の作品は、各方面から高い評価と支持を得ている。

 

関連記事

  1. 写真家・蜷川実花のアートな世界

  2. キングコング西野亮廣がスゴイ

  3. リアルと想像の融合『画家・松本亮平』

  4. 中島健太 画集『WORKS OF KENTA NAKAJIMA』刹那の永遠の命

  5. キングコング西野さん『イラストノート』

  6. デジタルアートな男、チームラボ・猪子寿之

  7. 清川あさみのアートな世界観が美しい

  8. 『いきものたちのせかい』鬼才・松本亮平

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP