注目の記事 PICK UP!

電子書籍の未来はどうなるのか?

人的には、紙の本が好き。

電子書籍は何だか味気なく物足りない。

でもiPhoneでKindleのアプリをダウンロードして、電子書籍も読んでいる。

近々、Kindleも購入しようと考えている。

本棚に残しておきたいと思う本は紙の本で購入して、内容だけ知りたいものは電子書籍で購入する。

電子書籍化した方がいいと思うのは、先ず学校の教科書。生徒に学校指定のタブレットを配布して、教科書は全てデータで保存すればいい。毎年教科書を買い換えなくていいし、ランドセルにアホほど詰め込んで通学しなくていい。タブレット代も1万円あれば充分だろう。親御さん達の教育費も削減できる。

あとは新聞。単純に新聞配達員はいらなくなる。印刷所へのコストもかからなくなる。新聞契約の際に、タブレットを配布してあげればいい。朝と夕方に記事を配信すればいい。

ネットニュースの方が情報が早いから、いずれ新聞もなくなるか。

テクノロジーが進歩しても、一向に紙媒体で運営しているのは利権が絡んでいるから。進歩により仕事を奪われる人達が急増する。しかし、その波は止められないわけだから、いつの日か衰退していくのは仕方ない。

写真がフィルムからデジタルに移行した時、必然的に町から現像屋さんはなくなったように。

僕たちの生活を変えるのは、政治ではなくテクノロジーなんだから。

では、書店で流通している本はどうなるのか。

書店も年々潰れていってるのは事実。

僕個人は書店が好きで、書棚に並んだ本から読みたくなるような本が見つかることもある。それはネットでは出会わなかっただろう本なんだね。

だから書店は存在してほしい。紙の本もなくならないでほしい。

だけど流通において、中間でお金を取っている業者は、今後どんどんなくなって行くだろうな。

何故なら今では、お客さんと著者がダイレクトに繋がるようになったから。要は誰かを間に通さなくても、モノが販売出来るようになった。

電子書籍なんて、まさにソレなんだね。

編集者も印刷業者も必要なく、自分で作った電子書籍をAmazonなどで販売すれば、Amazonへの販売手数料はかかるけど、その他の制作費やら紙の本にかかるようなコストは必要なくなる。

また自分のサイトだけで販売すれば、コストもかからず印税は丸々著者のものになる。

電子書籍のメリットも大きいけど、誰でも簡単に作れる電子書籍はその手軽さ故に、クソみたいな書籍が並ぶデメリットもある。

昨今、情報商材を扱うような人たちが、薄っぺらのペラペラ電子書籍を出して、紙に印刷したらレポート用紙数枚位の粗悪な電子書籍が氾濫している。もちろん内容もペラペラだ。

電子書籍に可能性を感じつつも、そこに電子書籍への抵抗感がある。

紙の本と電子書籍の素敵な住み分けが出来れば、両輪ともうまく回っていくのだが。

電子書籍を売るには、やはりタブレットをもっと安く提供することかな。それは制作コスト的に厳しいのか。

単純に1000円で電子書籍用タブレットを購入出来たら、電子書籍を買う人も増える。

しかし、今やスマホは当たり前のように誰もが持っていて、スマホがあれば電子書籍を読むことは可能だ。

ってことはハードを安くすれば、ソフトが売れると言う事でもないのか。

いずれにしても5年後、10年後には、テクノロジーの進歩で、僕たちへの書籍の提供の仕方は、否が応でも変わっているだろう。

関連記事

  1. 芸能人の逮捕、引退、死去について。

  2. 『やめて。2 ~ホラーTVシリーズ~ 』見どころ・解説!!

  3. コメディー映画は難しいのか?喜劇映画論。

  4. 評論の論。あえて評論の良いところを言おうではないか。

  5. 僕が加入している動画サイト 、それぞれの特性。2018.1、現在。

  6. アーティストの引退と生き様の美学

  7. 何故、矢沢永吉の『成りあがり』は面白いのか?

  8. なぜ、葛飾北斎はエモいのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP