注目の記事 PICK UP!

「太陽の塔」内部公開迫る!1月19日、一般予約開始(NEWS記事)

1970年に開催された大阪万博のシンボルで、現在も広く親しまれている万博記念公園(大阪府吹田市)の「太陽の塔」。

大阪万博閉幕以来、48年ぶりの内部常時公開に向けて、一般予約開始が1月19に開始しました(公開開始は3月19日)。

太陽の塔、その高さは約70メートル、地面と接する部分の直径は約20メートル。芸術家の岡本太郎氏がデザインをして、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造された。その内部は、万博期間中、高さ約41メートルの「生命の樹」を中心に、生命の歴史を感じさせる展示物が公開されていた。

閉幕後は、期間限定で内部を公開したことはあったものの、基本的には非公開だった。

建造から約50年がたち、耐震補強工事が必要となったことから、同時に内部の改修工事も実施。展示物を修繕して公開することになった。

太陽の塔の内部が3/19から公開されます。日本が大阪招致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催国決定が1年後に迫っている事もあって、この時期に公開したのですかね。

僕が2,3年前位に行った時は、太陽の塔のでかさに圧倒されました。

岡本太郎が大好きなのですが、作品は、やはり太陽の塔が好きです。

制作当時は大批判されていましたが、現在では大絶賛されている作品になるのですから、人の評価なんて曖昧なもんです。

両親が奈良に住んでいるので、また奈良に帰省する時にでも見に行こうと思います。

関連記事

  1. 安藤サクラ、朝ドラ史上初の新米ママヒロインに!(NEWS記事)

  2. ガキ使「黒塗りメイク」騒動。『笑いと差別と表現』(NEWS記事)

  3. 動画配信サービス『ディズニー+』が契約者数2800万人を開始3ヶ月で突破!!(NEWS記事)

  4. コロナショックで映画館も苦境に陥る(NEWS記事)

  5. 撮影終了「一茶」公開未定 お蔵入りの訳(NEWS記事)

  6. 『クワイエット・プレイス』続編の米公開日が決定(NEWS記事)

  7. 日本映画監督「ロイヤリティ1.75%は世界最低」(NEWS記事)

  8. 4月6日公開映画「クソ野郎と美しき世界」あらすじ発表(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP