注目の記事 PICK UP!

映画『真実』ネタバレ・あらすじ・感想。

 ンヌでパルムドールを受賞して以来の是枝監督のフランスと日本の合作による最新作。

 

『真実』
テーマはやはり「家族」。
是枝監督演出の元による役者さんの卓越した演技。
監督: 是枝裕和
出演: カトリーヌ・ドヌーヴ, ジュリエット・ビノシュ, イーサン・ホーク

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを『万引き家族』で受賞した是枝裕和監督による、初の国際共同製作長編作品。

母と娘の間に隠された真実をめぐる物語を、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演で描く。

女優として優れていることを何よりも優先するファビエンヌをドヌーブが演じる。

娘のリュミールをビノシュが演じて、その他リュミールの夫ハンク役でイーサン・ホーク、ファビエンヌの共演女優役でリュディビーヌ・サニエら実力派キャストが顔を揃える。

 

2019年・第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品。

日本人監督の作品として初めて、同映画祭のオープニング作品として上映された。

 

2019年製作/108分/G/フランス・日本合作
原題:La verite
配給:ギャガ

 

あらすじ

 
国民的女優のファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)の自伝本「真実」の出版を祝い、家族が集まったが、アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール(ジュリエット・ビノシュ)、ファビエンヌのパートナーと元夫、秘書らは、皆彼女が何を綴ったのかが気になっていた。

自伝は、隠されていた母と娘の間の愛憎渦巻く真実を明らかにしていく。

 

感想

 
カンヌでパルムドールを受賞後、フランスで作られた是枝監督の最新作。

やはりテーマは「家族」。

「家族」がテーマであることと、是枝監督は演技の上手い役者を起用して、その「日常」を描写する。

本作でも役者さんたちのナチュラルな演技が見られた。

主演のカトリーヌ・ドヌーヴはフランスを代表する女優であり、その存在感と演技の達者さは魅力的であった。またイーサン・ホークも出演しているのだから、「ひとつの家族」を是枝監督が演出する役者さんの演技は見ものである。

しかし物語に大きな起伏があるわけでもなく、そもそも大きな起伏を描こうとしていないが、本作をじっくりと腰を据えて観るには、それなりにゆったりとした時間と気持ちが必要である。

是枝監督の『万引き家族』では家族のそれぞれの視点で様々なシチュエーションが描かれていて、一流の役者陣のリアルな演技と、「万引き」によるハラハラ感とリリーさんのハチャメチャな言動が物語に没入させてくれた。

『真実』は是枝監督が手掛けた映画であるという前提がないと観るには至らなかったし、最後まで物語を追わなかっただろう。

それにしても役者陣の演技は巧みであった、というところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 『ハード・コア』『散り椿』を観たのだ。

  2. 映画『ザ・ソウルメイト』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。巧みな演出作品たち。

  4. 最近観た映画4本。『三度目の殺人』『散歩する侵略者』

  5. 最近観た映画3本。『時をかける少女』の世界。

  6. 最近観た映画4本。『ゆきゆきて、神軍』『カリートの道』他

  7. 映画『地獄少女』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『チワワちゃん』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP