注目の記事 PICK UP!

もの久保作品集『ねなしがみ』不気味な異界の目撃者になる。

の久保さんの作品集『ねなしがみ』を買ったのだ。

もの久保作品集『ねなしがみ』

もの久保  (著, イラスト)

Amazon

Kindle

 

ねなしがみ

 
もの久保さんのイラストは以前に見たような覚えもあるが、何んとなしにAmazonのオススメで表示されたことがキッカケで今回、購入するに至った。

幻想的で奇妙なイラストが物語を感じさせ、大いなる興味を抱いたのである。

幾つかの、もの久保さんの作品集の中で『ねなしがみ』を選択したのは、2021年10月21日に発売された「最新画集」であったことが決め手だ。

知らなかったのだが、もの久保さんは既に他界しているらしい。2022年1月24日に亡くなったらしいが、『ねなしがみ』が発売して僅か三か月のことである。死因は不明で、もの久保さんの詳細なプロフィールもわからない。ネット情報では、20代後半(27歳?)で男性であると考察されている。

『ねなしがみ』を手に取りページをめくっていくと、ただのイラストを集めた作品集ではなく、「ねなしがみ」を絡めた絵物語になっていることがわかる。

「ねなしがみ」は漢字表記で「根無神」。「根無上村」という架空の村を舞台にして描かれている。

巨大な生物が田舎の風景の中を風のように歩く。子供たちは悲鳴を上げるでもなく、大慌てして逃げ惑うわけでもなく、呆然と突っ立ている。裸足の子供たちの頭部にはバケツが被せらていたり、そのイラスト一枚から漂う不穏な空気が何とも言えない。

イラストを見ている自分も「何かが起きている」現象の「目撃者」になり、静かにズルズルと異界へと引きずりこまれそうな錯覚を起こす。

田舎の村の、どこにでも見られる景色に異質なモノが映り込む。だからこそリアルであり、少しばかりの恐怖感が芽生え、遠い世界の話ではないと感じさせるのだ。

作品集を見終えた後に部屋の外を見ると、何か奇妙なモノが見えそうな感覚に陥る。建物の向こうに巨大な生き物が揺らいでいるかもしれない。長い影が宙を舞っているかもしれない。バケツを被った子供が突っ立ているかもしれない。窓一面に巨大な手形が付いているかもしれない。

絵物語になっているイラスト一枚一枚は、更に想像力を膨らませて、描かれていない物語を見させてくれる。

もの久保さんのイラストから空想させる物語は、小説や漫画化にしても面白そうだ。アニメや実写のように動いている絵は不向きな気もする。台詞も殆どない方がイイ。小説なら淡々とゆっくりと不穏な空気感を文字で表して欲しいし、漫画なら台詞少なめに視覚で驚かせて欲しいところだ。

もの久保さんの新作を今後見ることは出来ないのは残念だが、何度でもページをめくりたくなる魅力的な作品集である。

関連記事

  1. 美しすぎる小松美羽の画集、キター!!

  2. 中島健太 画集『WORKS OF KENTA NAKAJIMA』刹那の永遠の命

  3. 小松美羽 画集『大和力を、世界へ』神獣の世界

  4. 『いきものたちのせかい』鬼才・松本亮平

  5. 井上雄彦 バガボンド画集『墨』

  6. 三重野慶画集『言葉にする前のそのまま』写実の向こう側

  7. 藤田和日郎原画展公式図録『- 拳 -』キャラクターが生きている。

  8. 優美な色彩と構図『中島健太 画集』の世界観

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP